--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-04(Mon)

8/1【mihomihoライブ@吉祥寺「Mandala-2」】

8/1に、待望だった朝日美穂さんともりばやしみほさん(hi-posi)の「mihomihoライブ」に行ってきました。

mihomihoライブに行ってきた!

どういう人たちかはここらへんをご覧になっていただければわかりやすいかな。

会場は吉祥寺の「Mandala-2」という小さなライブ・バーみたいなところでした。“昔ながら”という表現が適切なのかどうかは判断しかねますが、とても趣のある良い雰囲気のところでした。100人も収容したら結構きつくなりそうなこじんまりとしたところでしたけれども、それ故に奏者側と観客側との距離がとても近いのが大きな魅力だと思いました。

朝日美穂さんは基本的にはピアノをベースにした曲で、もりばやしさんはニューウェーブやテクノポップに根ざしたところがあるのですが、本ライブにおいては完全にピアノ弾き語りでした。なんでも相当な年数ぶりのピアノ弾き語りなんだとか。貴重なものを拝見・拝聴することができたようで。

前エントリにも書きましたとおり、この手のライブは全く持って初めてだったので勝手が分かりませんでしたが、そこらへんも含めて相当楽しめました。


開演は19:30~。セトリは残念ながら知っている曲が半分くらいだったので割愛させていただきます。

【もりばやしみほ】
完全なピアノ弾き語り。それに自身の口笛を織り交ぜただけのごくごくシンプルなパフォーマンス。
Vo.の型としては非常に特異なウィスパータイプ。猫なで声がとても官能的。
覚えている限りですと、「身体と歌だけの関係」、「悲しみの雨」、ジョン・レノンの「Love」、「あと何日」、「茶々&ちび」、「しあわせ」に加え、あともう一曲口笛がものすごく印象的だった、イメージとしては星の輝く夜空を彷彿させるような曲をやっていたのですが、曲名が分からないです。。。予習不足だぁ・・・。
まずこの方の容姿は反則だなぁ、というのが第一印象。若い。そして可愛い。
デビューが88年付近ですから、単純に考えても・・・なのに、反則的に可愛い。
本人曰く、「音楽活動は久しくしていなかったので現在リハビリ中」とのことで、そのためかピアノ演奏自体は若干荒っぽさが目立った印象。しかし、決して悪い意味で荒っぽいと言うわけではなく、私自身の語彙力不足のためうまく伝えることが出来ないのが甚だむず痒いのですが、「音楽を無邪気に楽しんでいる」というか、「取り敢えずやりたいな~」などといった初期衝動でもって音楽に取り組んでいるような。演奏する曲は、特に「身体と歌だけの関係」や「悲しみの雨」といった曲は重い曲で、「一体何を思いながらこの曲を歌っているんだろうか」と考えさせられるような聞き手の胸を強く打ってくるものでした。しかし、その重さ・メランコリックさを差し置いてもなお浮き彫りになる楽しそうな雰囲気でした。
「しあわせ」と言う曲はかつてJAのCMでも起用されていたとてもシンプルな曲です。

「大好きな人を幸せにしたいと思う 大好きなあの人に笑って欲しいと思う そして私も笑っていたいと思う 二人して果ても無く 幸せになれたら良い」

たったこれだけの歌詞。なのにものすごい説得力。
「音楽は聞き手の心を投影するもの」と誰かが仰っていましたけれども、まさにその通りなのかなと思いました。今後に朝日さんのパフォが控えているにもかかわらず、思わず涙が出そうに。
全7曲、だったかな。素晴らしいパフォでした。




【朝日美穂】
ピアノ弾き語り~+ベース~+ドラムス~+ギターと、徐々に音に厚み・激しさを加えていくセット。
抜群に安定した流麗なピアノと、1曲目とは思えないほどの素晴らしい歌唱を披露するあたり、さすがとしか言いようが無いです。奏者との距離が近いからこそ誤魔化しが一切利かない会場、そのような環境化にて(部分部分緊張している様子はありましたけれども)盤音源を越えるほどの圧巻なパフォーマンスが出来るあたりに感服。
曲順等は残念ながらはっきりとは記憶していません。覚えている限りですと、「唇に」、「バスタブライムス」、「夏のトレモロ」(新曲)、「ブラックキューピッド」(未発表・新曲)他3曲くらいだったかな・・・。盤の収集が完了していないので、ご容赦願いたいところです(汗)
「夏のトレモロ」では青山陽一さんがギターで参加していました。というか、彼の名前をはじめて知ったのですが、なかなか素敵な演奏を聴かせてくれました。パッと聴いた感じですけれども、曲調が夏っぽく明るめということもあってか、弾き方がサンタナっぽいなぁと思いました。笑顔がとても素敵で温かそうな方だったな、と記憶。
朝日さんにおいて特筆すべきは、1曲目の時点で既に完成されたパフォを披露してくれているにもかかわらず、楽器が重なるに連れて更に尻上がりに歌唱力が上昇していく凄まじさ。そして歌を歌うことがとても楽しそう。合間合間にはにかむ姿とのギャップがあるからこそ驚かされる技量・声量。鳥肌が立つと同時に、「次回もまた観に来たいな」と思うに至らせるには十二分すぎるパフォでした。



アンコールは2曲。
まずは朝日さんの「Eternal Flower」。暑い真夏の夜に、ほんの少し涼しさをいただくことができました。
2曲目は再びもりばやしさんが加わって、荒井由実「ベルベット・イースター」。選曲はもりばやしさんによるものとのことでしたが、これに対して放った朝日さんの「なんで暗いのばっかり選ぶかなー笑」という言葉が印象的。
また、この曲の前に、
(朝日)「真琴(川本)にも声かけたんだけれど、今日来てるのかな・・・?」
(もりばやし)「あ、あたし声かけるの忘れた・・・笑」
(朝日)「真琴がいないとうちらは暗くて・・・笑」
などと話をしていたところがとても微笑ましかったです。小さいライブバーだからこそ感じられる温かさといいますか。そういったものに接することが出来たような気がして良かったです。



以上がライブの様子でした。
ライブ終了後は朝日さんをはじめとしてライブメンバーの皆さんがバーのほうに出てきて観客とともに談笑をしたりしていました。この距離感の近さ、病み付きになりますね。

また、帰りにCD等のちょっとした物販をのぞいてみたところ、なんとずっと欲しかった、けれども廃盤で二度と手に入るまい・・・と思っていたもりばやしさん(hi-posi)のSCDを発見。

茶々&ちび
こんなジャケ。“サウンドオブ下北沢”とかなんだとかいう企画盤みたいなものなのですけれども、この稀少さは尋常ではありませんでしたから、今回入手することができてものすごく嬉しかったです。
オークションにさえ出回っていたところを見たことがありませんし、発売当時も流通のメインが下北沢の主要CDショップのみ(のちに通販少々)のみだったと言いますから、改めてこのライブに参加してよかった!と思いました。


どうやら来月の13日に、朝日さんのライブが下北沢であるようです。
なにやら9/12が朝日さんの誕生日と言うこともあって、バースデーライブのようです。
折角なので行ってみようかな、と思っています。まさに当日私「が」誕生日ですし、自分にライブをプレゼントですね。

ちょっとだけ虚しい気がするのはきっと気のせいなんだ。



=なぉ=
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

なぉ&けい

Author:なぉ&けい
メタルとかそうでないのとか、
漫画とかアニメとか、テキトーに。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

アニメ・声優系おすすめ音源(1/23)

『みなみけ おかえり』のOP曲。1期OPの「経験値上昇中☆」を躍起させる「M・I・N・A~」などのフレーズを用い、極めて明るいポップな曲と仕上がっており、アニメの世界観にとても合う曲となっています。



『みなみけ おかえり』のED曲。OP曲同様、こちらも1期EDの「カラフルDAYS」を髣髴とさせられる作りです。アニメの世界観とEDのアニメーションとの相性も抜群で個人的にはかなり大好きなレベルの曲です。オススメ。



みのりんのニュー・アルバム。画像表示は初回限定盤のほうですが、小生は通常盤を…なんでもありません。前作『Contact』に比べ温かみのある仕上がりになった印象。個々の曲のクオリティは高いのだが、全体としてバラエティに富んでいる分若干散漫な印象も。おそらく、その散漫ささえも踏まえての“Parade”なのだと思うのですけれども。先に発売済みの「Melty~」「雨上がり~」、そして「Paradise Lost」の別Ver.他全14曲収録。



大槻氏と絶望少女達によるコラボ。特撮風で前衛的な楽曲が多数。デトックスしたらばプラケース以外残らないのではないかと言うほど、毒気も強し。個人的には絶望少女達の使いどころが良い感じだと思っています。なんとも言えず癖になる、そんな不思議でハードな作品。オススメ!



『みなみけ』3期放送を目前にしてのキャラクター・ソングアルバム。ジャケットに少し違和感を感じなくもないですが、きっとそのうち慣れることでしょう。『みなみけ』としてのキャラソン集は以前にも出ていますが、本作は3姉妹の曲に特化。何と言っても次女の「スペシャールサマー」は気分を高揚させてくれる素敵な曲。



アニメ『ストライクウィッチーズ』のED集。同じ曲が全部で12曲入っていますが、いずれも各々違う声優さんの組み合わせで歌われているため、不思議と飽きがこない作品。それにしても、同じ曲のみを12曲も詰め込んだコンプ集にもかかわらず、聴き手をそれ相応に満足させうる作品って貴重だと思います。
気になる玩具・画集など(1/23)

『らき☆すたOVA』にて登場した“ミックミクかがみ”が待望のねんどろいど化!予約殺到で品薄が懸念されているらしいですので、気になる方は早めに予約しておくと吉かもしれません。



ある種のブームともなったアニメ・『ストライクウィッチーズ』の公式ファイル。ファンならば必携の1冊ともいえるほどの密度であり、ただのパンツアニメではなかったと言うこと窺い知ることができます。



メカ少女ブームの火付け役、島田フミカネ氏の画集。メカ+少女という独特な組み合わせは、「パンツじゃないから~」などという以前にとても魅力的。設定が細かく書かれているということでとても気になる1冊。
おすすめ音源(12/14)

管理人【なぉ】一押しの作品。KISSのポールによるソロ作品ですが、往年の作品にして圧倒的なクオリティ。全10曲で30分ちょっとという収録時間も潔い。とにかく、メロディアス・ハードが好きな方には間違いない一枚。



現行メンバーによる全曲再録のベスト盤。原曲に忠実な演奏がなされているため、奇をてらったアレンジは特になし。故に新鮮味には欠ける印象も。とはいえ、音の厚みが飛躍的に向上したことと、あくまでも“ニューレコーディングをした”という姿勢を評価するべき。音の厚みが増した分、若干スロウリーに聴こえるという違和感も無きにしも非ずだが、原曲と対比して聴くとより楽しめるかと。個人的に「Forever」は、キャリアをと年を重ねたことに由来するポールの感情豊かな歌い回しにより原曲以上の出来ではないかと思います。



嗜好のギターアルバム。絡み合うメロディアスでテクニカルなツインギターには圧巻。また、リズム隊の安定した働きにも注目したいところ。Vo.スタイルにより好みが大きく分かれそうなところではあるが、アンジェラ嬢加入後としては間違いなく最高傑作かと。個人的には「Vultures」が秀逸過ぎます。



この作品と『Aske』『Hvis Lyset Tar Oss』『Filosofem』を精聴した時、きっとある意味世界観が変わるかもしれない魔盤。個人的には『Hvis~』を紹介したかったけれども画像が無かったので。この盤では「Lost Wisdom」という曲がとにかく素晴らしい。良心を失ってしまい、かつそれ以上の何かさえも失ってしまったかのように叫び狂うVo.は必聴だ。



個人的にはモトリーといったらこの1st。手放したくない一枚のひとつです。コレといった大きな名曲などはないのですけれども、とにかく青臭さがたまらない。もともと技量で押すようなバンドではないものの、その技量の無さを良い意味で若々しさでもって補えている印象。というか、「On With The Show」という曲が個人的にツボ過ぎです。



「再結成後の作品はこうあるべき」というひとつの雛形を満たした良作。往年の毒気と、その毒気が薄まって生まれた“生”に対する執着心とが良い感じに調和した一枚。年を経ていく毎に筋少の世界観が心に沁みて沁みて仕方がないと感じるのはきっと私だけではないはずだ。



「コレを聴かずして何を聴く!?」と言っても過言ではないほどの、スパニッシュ・民謡系メタルの決定盤。2枚組みで120分近い分量であるにもかかわらず、苦も無く聴き通せる圧倒的クオリティ。力押しのスピードパートあり、ブルージーで哀愁をひくパートあり、牧歌的でしんみりさせてくれるパートあり、ととにかく凄い。ラストは20分にも及ぶ大作であるにもかかわらず、めまぐるしく変わる展開に翻弄されているうちに感動に包まれてしまっていたり、ととにかく必聴。



メロディック・デスの重鎮による名作。激情と慟哭、モダンとゴシックが見事に融和。足の踏み場、もとい耳の落ち着け場がないほどに敷き詰められた音の嵐は圧巻。全パートを総合しての音数が半端ではないため、個々の曲としてのクオリティは極めて高いものであるにも関わらず各曲の個性が不足という贅沢な欠点がある点、心憎い。本作の路線を踏襲した『Fiction』も名作。ゴシック風味なメロデスが好きならば必聴。



「これが嫌いならばメロスピ系を聴くのを辞めたほうが良い」と言っても過言ではないほどの、メロスピの名作。幾分かギターが弱い気もするが、それを補うエリサ嬢による力強い歌唱が絶品。分かりやすく口ずさみやすいメロディラインはとても心地良い。シンフォニックでファンタジックなのだが、その方面に過度に傾倒しているわけではない辺りの匙加減が巧い。



惜しまれつつも活動を休止したつっこさんのラスト盤。人気ゲーム『零~月蝕の仮面』のテーマ曲の英詞版も収録されている。まとまりとしては今ひとつな印象もあるが、「Howling」「糸電話」「Hello」といったバラード曲がとにかく卑怯なほどに美しく切ない。綺麗なのに壮絶。これらの曲以外にも、ハードロックをしてみたりメタルテイストになってみたり、ジャジーな雰囲気を出してみたりと見せる表情は多彩で豊か。もっと評価されるべき。



音響派シンガーソングライターのセルフカバー・アコースティックアルバム。温かなヴォーカルに、ピアノ、ベース、ドラムのみで構成されている。知名度こそ低いものの実力の高さは折り紙つき。既発曲のアコースティックカバーということだが、どうやらライブ感覚で1発録りしたものが多いらしく、穏やかながら臨場感のあふれる仕上がりとなっている。休日の午後やカフェタイム等、リラックスしたい時に空間音楽的にかけておくととても心地良くなれる至極のアルバム。
メールフォーム
何かありましたら気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

何かありましたらどうぞ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
訪問ありがとうございます
since 25 May 07
カテゴリー
検索フォーム
今期一押し。
あやふやロケット。
最近の記事
音楽関係のサイト様
※順序はランダム掲載です※

巡回しているサイト様
おすすめコミックス(1/23)

エロゲーの声優をやることになってしまった女子高生が主人公という、とても奇抜で斬新な作品。ちなみに、主人公は処女という設定。 エロゲーに限らず、声を使用する仕事の大変さを感じたい方には読んでいただきたい1冊。



とある星でパン屋を営む姉妹と居候の物語。 中世がかったファンタジー作品には定評のある作者の、6年ぶりとなる待望の新刊。温かく、優しい気持ちになれる1冊。



4姉妹と居候を中心とした武道×ラブコメ。チラ見せ的な要素が多い点を許容できるかどうかがまずボーダーとなるが、作者初の単行本とは思えないほど絵が安定している点にまず注目で、個人的にはかなり大好きな雰囲気です。



地上侵略・人類征服コメディ。イカの擬人化というありそうでなかった設定は非常に愉快。全体的にほのぼのとしており、侵略モノであるはずなのにとても和やか。とにかく、イカ娘がかわいい。細かいことを気にせず気軽に楽しむことができるギャグモノとしてオススメ。



1巻完結、鉄ヲトメ暴走コメディ。近未来の新宿駅を舞台に繰り広げられる鉄道を題材にしている。駅とは無数の人々の思いと人生とが交錯する場所であり、時には人生のターニングポイントや“始発”になりうる場所である。 その点を踏まえつつ、「こうだったらいいのにな」や「そういえばあそこはこうだったっけ」と読者の感慨を喚起させる陽気な作品。 鉄道好きには勿論のこと、鉄道に少しでも関心がある方、そして表紙絵にビビッときた方には是非オススメ。



“魔法人形”と呼ばれる人形たちの物語。自分達がどのような存在であるかも何一つ知らされないまま、気がつくと人間たちに賞金首として追われている魔法人形たち。何故追われるのか理由も分からず、それでもただ自身ら存在を受け入れ、他の仲間である魔法人形を探していこうとするそんな不思議なファンタジー。バイオレンスな表現はなし。破壊表現はあってもそれは生臭いものではなく。大人は勿論、個人的には子どもにも是非勧めたい素敵な作品。



同じマンションの上下階に住む、ピュアガール&ピュアボーイの幼馴染を描いた4コマ。 むずがゆく、くすぐったい“縄ばしご”という距離感がとても良い感じ。 周囲の様々な状況に合わせて変化する“幼馴染”の心象・行動が温かかったり甘酸っぱかったり、たまに切なかったり。表情が多彩で飽きがきません。 癒されます、とても。



3つ子のドタバタ劇を描いたギャグマンガ。個人的に猛プッシュ!!とにかく、「うっわぁ、ひっどいwww」と思わず言いたくなります。宙を飛び交うパンツ、もはや力押しとしか思えないおっぱいネタ。にも関わらず、パンチラだとかそういったシーンは意図的に皆無にしているためかエロさが全く無く、むしろ健全。基本的には喧騒を描くが、そのギャップもあって感動的なシーンも。とはいえその感動的なシーンすら最終的にはギャグで粉砕する辺り、常套手段を弁えている。とにかく、表紙に抵抗が無ければ一読の価値あり!



美術学校に通う生徒を中心に描いた4コマ。本巻では日常パートと学校パートとのバランスが良い感じであることと、何よりもたった1本のコマではあるが、ジーンとさせられる描写があることが何よりモノポイント。装丁でもって敷居が高くなっているような気がしないですけれども、そこら辺に抵抗を感じない方には是非オススメしたい1冊。個人的には断然宮子派。アンソロも出ているのでソチラもオススメ。



『ハチミツとクローバー』でおなじみの羽海野さん2作目。題材は将棋モノですが、『ハチワンダイバー』などといったものとは全く内容を異にする作品。『ハチクロ』もそうだったけれども、個々人の心象描写が生々しいほどに巧いのですよね、羽海野さん。それが時に痛々し過ぎるから個人的には何度も読み返せるような代物ではないのですけれども、やっぱり好きなんですよねぇ。「自分の立ち位置はこれで良いのか?」などということを自問させてくれる好作。
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。